宇宙(そら)を見上げて

2016年冬のはじまりにティーンエイジャーの娘が宇宙(そら)に旅立ちました。こんなに愛してる気持ち、どうしたらいいの?行き場のない想いをのせて。。。

生きなくてもいい…暮らせば。

このまえは娘の誕生日だった。前日から寝付かれず、ぼお〜としたまま仕事へ。早く帰って娘が好きだったチーズケーキを焼くつもりが、仕事が長引いて。でもなにか、とても自然に色々受け入れられて、身体は疲れているのに穏やかな一日になった。娘をずっと感じていた…!


仕事帰りに、娘に似合う花束に遭遇。はじめて入った店。薄いブルーやクリーム色、柔らかいグリーンの野草っぽい花束。生まれて毎年、何をプレゼントしたら喜ぶのか悩んで選んで、喜ぶ娘の顔を見て、嬉しくて。


あれから2回目の誕生日。あなたに似合うお花を選ぶこと。唯一出来るプレゼント。


チーズケーキが焼きあがったのは夜だったけど、誕生日のうちにお祝いできたね。


もうすぐ一年半。

どうやって今まで生きてきたか不思議。


Just embrace her..


哀しみをどうしていいかわからないでいる私に、キューバからきた友達がかけてくれた言葉。


娘の選んだ道、娘と歩んだ人生、娘を恋しくて仕方ない狂おしい気持ち、たくさんの幸せだったこと、そしてあの日のこと、親としての後悔、哀しみ。。


全てを just embrace..


のりこえることはできない。

だから抱きしめて。

色んな全ての思いを抱きしめて。


『生きなくてもいい…暮らせば』


ドラマの中の一言だったけど、救われてる。


娘が生まれて来てくれた日。

娘に出逢えた喜び。

娘がずっとそばにいてくれた気がする。穏やかな心地よい熱気を感じていた一日。ありがとう。ありがとう。

いま心が求める映画

灰色の冷たい冬、そして霞のかかった桜色の季節がすぎた頃から、なにか手がかりになるものを探して、色々な映画や本にすがっている。スピリチュアルなことには以前から興味があったけど、今は本当に大切に感じている。


昨日観た映画がよかった。


Hereafter ヒアアフター


好きなマットデイモンが主演だし、内容も今、心が求めているものだった。


そして今日は


Passengers パッセンジャー


どちらの映画も、肉体から抜け出した魂はずっと生き続けることを再認識させてくれる。


映画とかドラマとか、ひたすら見て時間をつぶすなんて、以前の忙しすぎた自分には勿体無いことだった。でも今はそんな時間がありがたい。。

宇宙(そら)を見上げて

わたしの大切なあのコが宇宙(そら)に翔びたってから半年以上が経ちました。


なんとか生きてきたけれど、あのコが目に浮かぶたびに溢れ出る涙は今も海のよう。


会いたい 会いたい 会いたい


娘のひとりは海の向こう

娘のひとりは離れた街に

そしてあのコは宇宙(そら)に

一番小さい娘はわたしのそばに


信じているよ

確信してる

あのコが宇宙(そら)にいることを


そしたら姉たちと変わらないでしょう?

離れていて会えないけれど、ちゃんとそれぞれの場所で、自分らしく生きているんだよ。。

みんな変わらずママの娘たちだよ



なのにこんなに辛くなる

会いたくて

かなしくて

苦しくなる


自分を責める

あの日に、あの頃に記憶を戻すと

血の気がサッーっと引いていき

倒れそうになる

狂ってしまう


なぜ一歩とびだしたの?

わたしの愛はじゅうぶん届いていなかったの?

今はママの愛、感じてる?


宇宙(そら)にいるあのコと

対話する方法を模索中

きっと出来ると信じてる

ママ、やってみるから。。

もうすぐきっと。。